« 江水最深地 白雲無尽時 | トップページ | 法的根拠は何なのか »

2016/03/13

卒業パーティの後、バーに行った

R0310382_1

卒業パーティの後、バーに行った。
昨日のバーは、三軒目であった。
いや、はしごをしたのではなく、一杯なのと見つからなかったのがあって、三軒目でやっと落ち着けたということだ。
私とバーの相性が良くないのか、実はなかなかいいバーに出会っていない。

とある大阪のいいホテルに泊まった時、家族が寝たので一人でバーを楽しんでくるかあと思って、そのホテルのメインバーに足を向けたところ、これがもう居酒屋状態。
中高年の方々が大きな声で話しながら飲んでいる。もう、がっかりして入り口でターン。酒の飲み方はいろいろあっていいと思うが、その場所にあった飲み方であってほしい。あれはない。
で、昨日の一件目も結構いいホテルのメインバーに行ったのだが、前回と同じ状態。ああ、これはダメだと思って外にでた。2件目は見つからず、三軒目で別のホテルのバーに入って、やっと落ち着いた。

理想としては、バーは、客の入りが3割から4割ぐらいがいい。満席のバーなんてのは、バーじゃないなあ。特にオーセンティックバーはそう思う。
大きな声で
「水割り!」
なんて叫ばれては、過去を振り返ることも、未来を語り合うこともできないだろうに。

会計を済まして、店を出たところに一つ席を空けた隣にいた外国人と出会った。
何気に、どこから来たのかと聞いたら、デンマークだという。
" I've been to ..." そう、もう9年も前だがデンマークに視察に行った。
コペンハーゲンは行ったか?、美味しいものは食べたか?などと言われ、もちろん、いい国だったよデンマークはと言えば、、いや僕たちも日本が好きだよと。
ああ、それなら店で声をかければよかった。
ま、そういうのも人生の一コマだ。

京都のいいバーを教えてください。
乾杯。

« 江水最深地 白雲無尽時 | トップページ | 法的根拠は何なのか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 江水最深地 白雲無尽時 | トップページ | 法的根拠は何なのか »