« 第四回 教育と笑いの会のご案内 | トップページ | 平等院鳳凰堂の雲中供養菩薩像の南8号をガラス板に刻仏する »

2016/11/26

今回の作品には、初めて雅号を瓶底に刻した。

Img_7898

一升瓶に般若心経を刻し始めて、さて何本ほど刻しただろうか。
もうすでに10本以上は刻しているなあ。

文字を格ではなく、文字を刻す楽しみ。
一日に数行ずつ、刻して仕上げている。

特に何かの目的があって刻しているわけではないが、刻している。まあ、強いて言えば全ての一升瓶の種類に刻してみたいと思って刻している。色や瓶の表面の加工具合によって、いろいろな一升瓶がある。

今回仕上がったのは、マリンブルーのもの。
今までに仕上げてきたものの中で一番太字で大柄の文字で仕上げた。

般若心経の写経では、一行に刻す文字数が決まっている。17文字だ。ところが、メインの「羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提娑婆訶」は18文字。この17文字と18文字を一升瓶の胴の部分に書き切るのは、実はなかなか難しい。しかも今回は太字の大柄の文字だ。

それが今日完成した。
うむ、実に嬉しい。
今回の作品には、初めて雅号を瓶底に刻した。

次の作品に取り掛かろう。

« 第四回 教育と笑いの会のご案内 | トップページ | 平等院鳳凰堂の雲中供養菩薩像の南8号をガラス板に刻仏する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第四回 教育と笑いの会のご案内 | トップページ | 平等院鳳凰堂の雲中供養菩薩像の南8号をガラス板に刻仏する »