« 奇跡のレッスン 書道編 | トップページ | 明日の教室 5/11 野口芳宏先生 俳句・教師教育 »

2019/03/29

なぜ、日本語は縦書きなのか

Photo_5

なぜ、日本語は縦書きなのか。

この問いへの答えで私が一番好きなのは、

「天から降ってくる言葉を書き写すには、縦書きなのだ」

と言う考えての石川九楊の言葉だ。石川九楊は『縦に書け』の中で、

 

古来、「天」から「地」へ向かう重力と格闘しつつ、縦に文字を書き、言葉を紡ぐことによって日本人の精神は醸成されてきた。日本語を横書きにすることは、英語を縦に綴るのと同じ「愚」である。だが、その愚行が世を席巻したいま、日本人の精神は荒み、崩れつつある。その最大の犠牲者は。言葉習得途上の子どもたちである。ネット社会に狙い撃ちにされる彼らは、日々見えない血を流している。

 

文化的な意味では人間は言葉であるから、日本とは日本語を指す。この日本語が乱れているのが日本人が。特に子どもたちが崩れている真の原因である。縦書きでは紙に文字を書く場合、天から地に向けて書くから、全体の中の個を意識しながら書くから、常に適正な自己の位置を確認することができるようになる。

 

としている。(引用は、原典が見つからなかったので、久恒氏のHPからさせていただいた。https://plaza.rakuten.co.jp/hisatune/diary/200801260000/

 

この感覚は、書道をやっている人には、とてもよくわかるものではないかと思う。石川九楊氏は、「筆触」と言う

概念を明らかにした書道家だ。前衛書道家としても有名である。その前衛書道家をして縦書きでなければダメだと言うわけである。

 

まあ、天からの意思を受け継いで書くと言うところまでは、実感としてはないが、脳と心からの思いを手先に受け止めて、筆を走らせる時、それは横書きではなくて、縦書きだなあと言うのは実によくわかる。そして、手書きの場合、縦書きでないと連綿で書くことが難しい。中には、横書きでも連綿のように書く人を見たことがあるけど、それはまあ、特別でしょう。と言うことで私は手書きで書くとき、縦書きでないとダメなのだ。

 

 

さて、では、ワープロではどうなのだろうか?

私は、実感としてワープロでもこの「天から降ってくる言葉を書き写す」と言うものを感じる。横書きは、引っ張っていく感覚、または、掘っていく感覚になる。その感覚が、文体にどう言う影響を与えるのか、表現の違いにつながるのかはよくは分からない。

 

認知心理学の論文を読んでみたけど、これは読む時の縦書きと横書きであって、書く時のものではないのでねえ。https://www.jcss.gr.jp/meetings/jcss2010/pdf/JCSS2010_P2-43.pdf

 

例えば、同じ文章を縦書きで書く時の脳の働きと、横書きで書く時の脳の働きはどう違うのかを、脳波を調べてみたらどうなのだろうかと思う。論文を探してみているが、この書くときに焦点を当てた脳波の違いなどに関するものは見つからないなあ。

 

ワープロで連綿で文字を書くと言うのは、今のところないとは思うが、もし連綿で書くことができるようになったら、手書きで縦書きで書いている時の感覚と同じようになるのかなあ。ちょっと気になる。

 

 

音声入力開始

 

ちなみに音声入力の縦書きはどうだろうか。やってみよう。

音声入力で縦書きをしてみたところ、これはなかなか快適だなあと思う。手書きで、天から文字が降ってくる感覚に近いぞ。

音声入力終了

 

 

pagesの縦書き機能追加によって、縦書き推進派が増えてくることを願いたいねえ。

 

p.s.

ま、ブログになると横書きになってしまうんだけどね。これ、縦書きで書いたんだけど。

« 奇跡のレッスン 書道編 | トップページ | 明日の教室 5/11 野口芳宏先生 俳句・教師教育 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奇跡のレッスン 書道編 | トップページ | 明日の教室 5/11 野口芳宏先生 俳句・教師教育 »