2017/04/29

酔睡亭開店へ その2

155_o

1月20日に祇園のカフェでご主人とお会いして、あれこれお話を伺う。

奥さんである後輩から聞いていたのは、お店で
「面白いことをやりたい」
ということ。
そういうことなら、相談に乗れるかもしれないということで会ったのだ。

で、会ってみたらこれがびっくり。
お能をやっていたという共通項とともに、乗っていたバイクがYAMAHA SRXでもあった。
そんな共通項があるなんてのは、本当に珍しい。

そんなことから、これなら私の妄想というか、理想というか、夢とか、アイディアとかを語っても大丈夫かなあと思い話し始めました。そしてこれが、ビジネスモデルになるといいなあと思いながら。

私が提案したのは、「寝床」モデルなんです。
寝床とは、落語の演目です。
義太夫が好きだけど、下手な旦那。自分の義太夫を聞かせたいが為に、料理を用意して食べさせて聞かせる。それでも店子はやってこないので色々やって、というようなお話。
https://ja.wikipedia.org/wiki/寝床

『バレエ、ピアノ、書道、写真、剣道、水泳、サッカーに野球。習い事や趣味をやっている人は、それを発表する場所がありますよね。発表会、コンテスト、ステージ、展示会、試合などで見てもらって、応援してもらってという幸せな場所があります。しかし、ですね、料理だけはないんじゃないかと思うのです。

料理が趣味な人は、まあ、家で作って家族に食べさせるか、家に人を呼んで食べさせるか、ご近所に配るぐらいでしょうねえ。それができない人は、アウトドア料理で「俺の料理を食え!」ってな感じになるのでしょう。だけど、本当は店でやりたい。プロの厨房で作って、知人に振る舞いたいのです。ところがそういう場所がない。

私なんて、ニンニクや唐辛子を使う料理なので、家では娘に辛いと言われ、奥さんにはニンニクはあまり好きではないと言われて食べてもらえない(^^)。年に一回琵琶湖花火大会の時には、学生たちを呼んで自分の料理を振る舞えますが、本当はもっとやりたいし、自宅ではなくて店でやりたいんですねえ。そういうのが叶う店をやりませんか? この方式だと、お店は基本的に箱を貸してくださればいいことになります。』

と妄想を話したのでありました。
すると、

「面白いです。それ、面白いです」

と話が肯定されたのでありました。

「そのスタイルだと、コックさんがお客さんを連れてきてくれますね。ブライダルのモデルでもありますね」

結婚式場のビジネスは、新郎新婦が披露宴のお客さんを連れてきてくれるので、店がお客を呼び込む必要のない飲食店のモデルとして考えられています。

『はい、そうだと思います。成熟の時代に自分の趣味をもっと楽しみたい人はいると思います。しかし、料理に関してはそれを発表する場所がない。だから、クックパッドがあんなに流行っているのではないかと思うのです。レシピと写真を褒めてもらえますし、実際に作ったレポートももらえます。キャラ弁だって同じ流れだと思います。見てもらって褒めて欲しい。反応がもらえるのが嬉しい。

しかし、実際は実物をだと思うのです。作ったものを食べて欲しい。写真を撮って欲しい。美味しいという声を聞きたいだと思うのです。

料理は、日常でありながら、レストランとなるといきなり敷居が高くなります。これは、火元責任者と食品管理衛生者のハードルが高いのと、食材の買い付け、管理、原価計算などが出てくるからだと思うのです。だけど、やりたい。自分の好きな食材を使って、お気に入りのお酒を用意して、友人に振る舞いたい。本物の店で作って振る舞う店が欲しいなあと思うんです』

「面白いですねえ。食材は店を通じて買い付ければいいものが安く入るでしょう。コックさんは、どうしても自分で使いたい食材やお酒を用意してもらって、あとは店の方でできますね。それに、コックさんが作りたくても作れないものがあったら、店のスタッフの方で作ったりとかもできるでしょうし、下ごしらえなんかも大丈夫でしょう」

『それはすごい! 食器の破損やゴミ出しとか超えなけれならないハードルもたくさんあると思うのですが、大丈夫でしょうか?』
「問題ないと思いますよ」

もう、興奮興奮。
本当に、本当なのだろうか?
後輩に新年会で会ってから15日後、開店まで78日の日のできごとである。

続く

2012/01/08

親の通院の付き添い完了

1/8

R0012750

親の通院の付き添い完了。色々考える。色々あるが、病院と薬局のことで、これはどうなのかなあと思ったことを書く。

病院では、問診票を記入する。私が問いを読んで、親に確認して書いて。これで30分以上掛かってしまった。これは付き添いを前提にしているのではないかと思った。

そもそも、体調が悪いから病院に行くのであって、その体調の悪い人に30分以上もかかる問診票を書くことが前提になっている病院と言うのはいかがなものかと思う。私だって面倒くさいのに、70歳を超えた病人に書かせる制度はおかしいと思うのだ。その問診を医者にやってほしい。

病院が終わり、薬を買いに行く。調剤薬局だ。嘗ては病院の中に全てまかなうことができたので、便利だったと私は思う。いったん病院の外に出てまた並んでというのは、実に面倒くさい。これは患者のためになっているのかなあといつも思う。

面倒くさいことをしないように、しなくて済むようにしなければならない。だって、病人なんだもの。健康な人間であれば、多少の面倒臭さはいいが、病人に面倒なことをさせるシステムはどうなんだ?と思う。

で、薬を貰うときにあれこれ説明を受けるのだが、これが分かりにくい。説明する側の論理で説明をしている。説明する側は分量と飲む時間を間違えないように説明するのが大事なのだろうが、飲む方は先に何に効く薬なのかが知りたいと思うのだが。

また、薬の飲み合わせで不安がる患者に対して、「これは大丈夫です」と言い切って欲しい。「大丈夫だと思いますよ」などと言う言葉はなしにしてほしい。「よ」をつけて優しさを醸し出しても駄目。不安なのだから、その不安を増やすような言葉は駄目だ。

さらに「薬で喉が乾くことがあるので、どうにかならないか?」と親が確認したら「いろいろと考えてみてください」と言う答え。ちょっと待て。そこを考えるのが医療のプロの側の仕事じゃないのか? 患者は考えたくないのだ。指示は従うが、自分で考えるのができないのが不安を抱える患者なのではないか。

健康で伸びゆく子ども達であれば、厳しく接することもあり。いや、寧ろ厳しく接するべきだと思う。しかし、病気の高齢者に難しいいことを求めるのは、おかしい。


2010/03/29

十日ぶりのビール

3/26

朝から格闘。
検査であった。
検査の準備に格闘。

先週の夜、ちょっと大きな体調の変化があった。
断酒をして三日目のことである。
断酒をしているのに、そんなぁという思いであった。

翌日慌てて病院へ。
検査は来週、つまり今日ということになってしまった。

本日昼過ぎ、カメラを体に入れてあれこれ。
結果、大事には至らないことが分かり、ほっ。

検査結果の最初に
「血液検査の結果、癌マーカーの値は正常です」
とさらりと言ってくれたので、その後の説明を安心して聞くことができた。

知り合いの先生に言われた。

「あなたは、長生きすることが義務です」

と。先生のこの言葉が無かったら、こんなにすぐに病院に行かなかっただろうし、授業づくりネットワークの懇親会、結婚式の披露宴とあったなかでの断酒は出来なかったかもなあ。

ありがとうございます。

学生からも同じように、倒れるなエール。
大丈夫だったよ。
びしばし行くから、心配するな(^^)。

で、十日ぶりのビール。
あは。
一口で酔いそうだ。

少し仕事をセーブして、体の声を聞くか。

2009/02/08

タミフル 低体温

指導が終わって、研究室を後にして帰ろうと振り返ったら、奇麗な夕日。
(いやあ、奇麗だな。一枚撮るか)
と鞄を探ると、ない。

デジカメがない。

(あ、新幹線だ)

比良山を撮影した後、窓際に置いたのだが、そのままデジカメは広島まで旅を続けたのではないかと思った。

自宅に帰ってからすぐに、JR西日本、新大阪忘れ物センター、広島駅忘れ物センターと電話を重ねていく。

そしたら、広島駅忘れ物センターにあるとのこと。
ああ良かった。

私らしいと言えば私らしいが、あって良かった。

いつもなら7時には午後のお昼寝が終わる娘だが、この日はずっと寝ている。折角帰ってきたのだから寝顔だけでなく、笑顔も見たいなあと思っておでこを触ってみると、おかしい。体温が低いのだ。

35度の半ば辺りである。ちょっと熱が低すぎないか。手足も寝ている時の感じの温度ではない。

「タミフル 低体温」

で検索すると、いくつかの記事が出てくる。呼吸が止まることがあるなんて怖いことも載っている。

慌てて電話である。大津市には夜間の小児科医の緊急電話相談がある。ありがたい。

また、かかりつけの小児科の先生のところに電話をすると、電話で指示を与えてくれた。これも、ありがたい。

久しぶりに川の字になって寝て、時々娘の様子を確認しながら夜を過ごす。

37度。
朝の検温では、通常の体温に戻っていた。
娘は14時間寝続けていたことになる。

熱は高くても低くても、大変であった。

2008/03/28

今年は花粉症が

なんでだが知らないのだが、今年は花粉症が楽である。全く症状がないかと言えばそんなことはないのであるが、かなり楽である。洗濯物を部屋の中で干してくれている奥さんのおかげもあるのだろうが、ずいぶん楽である。

私は薬が嫌いなので、基本的に予防薬や注射はしていない。で、やっているのは鼻と目を洗うことである。それだけで大丈夫なのである。これはかなりうれしい。

ただ、今年は頭の中に、つまり頭皮に吹き出物のようなものができている。花粉症で肌が荒れる人もいるというから、今年はそういう症状が出ているのかもしれない。

ではあるが、こういう春は滅多にないので、少し春を楽しもう。

2007/12/19

歯がほぼ治った

歯がほぼ治った。
一ヶ月調子を見て、最終調整をしてお仕舞いだ。
うれしい。
蟹喰うぞ。
焼き肉喰うぞ。

でも、
「治ってバリバリ食べて、一ヶ月ちょっとで7キロ太った女性がいますから、注意してくださいね」
とのこと。流石に7キロは太れないと思うが、歯の治療中は体重が減っていたのは事実。慎重に行こう。

半年ぶりにきちんと話が出来る。食べることが出来る。
ああ、嬉しい。

歯は一生ものという。
私は、ダメにした歯を治した。

ということは、ここから先は、二度目の人生か。
ラッキーである。

2007/09/14

池田さんは、やっぱり人間なんよ

9/13

沐浴指導を受けた。
「お風呂はお父さんの仕事ですよ」
と良く言われるが、その意味が分かった。あれは大変だ。首が据わっていない娘を重力とてこの原理を考えながら、さらにはこちらの腰と腕力を考慮しながら行わなければならない。

            ◆

なるほどと思ったことがある。沐浴布という一枚のガーゼである。沐浴は、赤ちゃんは大好きだと言う。お母さんのお腹の中を思い出すからだという。

ただ、違うのはお腹の中にいる時は手足を伸ばせば母親の体に触ることができたが、沐浴ではできない。だから、一枚のガーゼを体に乗せることで安心するのだと言う。足をベビーベッドに触れさせるだけでも違うと言う。

            ◆

去年まで使っていた研究室の周りに苺の苗を植えたのは、秋の初めだったろうか。順調に育ってくると山から下りてくるイノシシか狸にその芽を食べられてしまい、結局は実はならなかった。

『まったく、夜だって言うのにどうして苺の苗が分かるのでしょうねえ』

今年着任された自然科学担当のS先生に、何となく話した。すると、

「池田さんは、やっぱり人間なんよ。目で見ようとしている。動物は、目より鼻の方が利くから夜でも関係ないんだわな」

と言われた。なるほどである。

            ◆

赤ちゃんを見るとき、私は娘の顔を見て、目を見て
(を? 笑った?)
なんて喜んでいるが、実はそれよりも体に触れることの方が大事なんだろうなと改めて思った。視力が十分に育つよりも先に、触覚が大事なのだと改めて思った。
そして、聴覚やら嗅覚やらも。

人間の大人の感覚で判断すると、ずれることがあるんだろうなあと実感。

2007/08/12

メインテナンスしながら使っていく年齢

朝起きて一応渋滞をチェックしてみた。ニフティの渋滞情報は、リアルタイムで提示してくれるので便利である。

名神高速京都東インターチェンジから中国道豊中インターチェンジまでの所要時間を見てみる。3時間である。朝の7時前だと言うのにだ。はあ。ちなみに、復路を見てみると44分であった。3倍以上もかかるのね、この渋滞って。電車で行くことに決定。

            ◆

尼崎で乗り換えて伊丹まで。ああ、あの電車だ。なんとなく周りを見回した。休日の午前。普通の光景だ。これが突然事故に見舞われてしまったら、なにも言うことができないだろう。

そんな感傷に浸りながらも、学研の原稿と樟葉西中学校で行う研修会の資料を電車の中で只管作っていた。使える時間は使うのである。

            ◆

最後の土台治療は、結構痛かった。いや、治療中は痛くないのだが、治療の最初の麻酔と治療後の痛みがね。体が緊張しているので良くわからないうちに治療は進んでいくのだが、まるまる一時間以上口を開けていると言うのもなかなか大変だ。

もうろうとした頭で、術後の結果と今後の治療方針を伺う。先生によれば良好だそうだ。なんかこの歯医者さんではじめて歯を誉められた気がする。いつも「厳しい厳しい」としか言われないからなあ。
(そりゃあそうかもしれないが、そんなに貶すなよなあ)
といつも思っていたけど、ここの歯医者さんはそんなことはない。それだけでも名医、いや仁医かもしれない。

            ◆

痛みをこらえつつも、折角の電車なので大阪のヨドバシカメラで新しいMacを見学。さらにデジカメコーナーに足を運ぶ。そろそろ二つとも新しいものにしようかと思っているところである。

GRにしようか、GX100にしようか、R6にしようか。はたまた、またもやCAMEDIAでいくか。
悩む。

私は使い方が丁寧ではないので、レンズには蓋が着いている方が良い。
電源を入れてすぐに取れるのが良い。
薄いのが良い。
できれば単三電池が使えるのが良い。
防水加工も遭った方が良い。
ファインダーも遭った方が良い。

となると、何になるかなあ。

            ◆

京都駅では、帰省のための実家へのお土産を購入。
人生初のお盆での帰省となる。歯の調子と車の渋滞を考えて、旅立つことになる。できれば渋滞は避けたい。

            ◆

術後の疲れを取るため、帰宅後はまず寝る。
起きたら9時前であった。ミシガンの花火。そして、旅館の花火。
ああ、少し痛みを忘れることができる。

自分の体をメインテナンスしながら使っていく年齢になったのだなあと、しみじみ思う。

2007/07/13

そうしてくれるのが、名医だろう

本日、オフ。
体のメインテナンスの日。
歯の本格治療第一弾の日。

思ったよりも痛くなかったので、ほっとしている。
痛いのは、苦手だ。
だから、痛み止めの薬が効くように日頃は薬を飲まない。
薬の効き目があったのか、それとも元々痛くないのか良くわからないがほっとしている。

            ◆

治療先は、大阪。
名神高速を走って向かった。
東京、京都、大阪、神戸の6つの歯医者を比較検討して選んだ一つの歯医者だ。

私の歯は、どこの歯医者に行っても
「厳しいですねえ」
と言われてしまう。
本人も分かっている、というか刷り込まれている。

だが、この歯医者だけは
「大丈夫ですよ。大きな問題はありません」
と言ってくれた。

            ◆

医療訴訟などがあるから、歯医者は

・厳しい状況にある → 治療 → 上手く行ったら名医
・厳しい状況にある → 治療 → ダメだったら患者が悪い

という流れで治療に臨むのかもしれない。

だけど、やはり

・厳しい状況にあっても → 大丈夫ですよ → 治療 → 上手く行って満足・感謝

という流れに持っていってほしいと思うのが、患者だ。そうしてくれるのが、名医だろう。

『あの〜、ここの部分はさらに厳しいと他の医者に言われたのですが』
「大丈夫ですよ。ちょこっと工夫して上手くやりますから」

それだけでも、ありがたい。
半年ぐらいお世話になる。

            ◆

実は、一緒に奥さんも行った。
この歯医者の近くに彼女の生まれた病院があるというのだ。折角だから見てみようと言うことになったのだ。

いやあ、なんというかドキドキですね。こういうの。
ありました。
ここから奥さんの人生が始まったのね。

そして、さらにもうちょっと行くとちょっとだけ住んでいた昔の家もあって、その家の隣には、オジさんオバさんがいるはずだというので、足を伸ばしてみることにする。

ありました。
そうか、ここがいつも話に出てくる家ね。
ふーむ。

            ◆

ちょこっと見れたことに満足して、車を走り出したところ
「あ、オジさん!」
と奥さんが叫びます。ちょうど家から出てきたところでした。
『おい、挨拶しないのも変だろう』
と言うことで、挨拶しました。
私はまだ歯の麻酔が取れていないので、上手く話すことができなかったのですが、こういうこともあるんですねえ。

            ◆

帰りは、途中で休憩を取りながらゆっくりと帰宅。
帰宅後も体を休めていました。
痛みは薬で抑えていますが、体には相当なダメージがあると思ったので。

さあ、あと大きな工事は二回かな。
待っていろよ、美味しい食べ物。
バリバリ食べられるようになってやるからな。

2007/06/25

学校に一つ置く

久しぶりに午前中はだらだら過ごす。ああ、休み。
本当は書かねばならないもろもろのもの、作らなければならないもろもろのものがあるのだが、御免。オフとする。

            ◆

午後からは、草津方面に買い出し。
関東の人間は、草津というと、「よいと〜こ〜一度はぁおいで、あ、どっこいしょ」の草津しか思い出さないのだが、東海道の宿として京都の一つ手前にあるのがこちらの草津である。

MINIのディーラーもあるので、ちょっと点検をお願いし家電量販店でいろいろと物色。前から手にしたいと思っていた家電を現物でチェック。というかチェックしているのは奥さんで、私はマッサージチェアでリラックス。

うーん、リアルプロGはそうとう進化したなあと思う。
こう見えても私は学校帰りに量販店に寄ってはマッサージを受けて家に帰るということをして板敷きがある。どう見えるかは別にどうでも良いのだが、八王子の学校に通っているときは、途中でムラウチ家電に立ち寄って、PCを見てマッサージチェアを試して、というか寛いで帰宅していた。そこから考えると随分の進化だ。

マッサージチェアは、自分で買って家に置くには大きすぎると思う。だが、欲しい。私が言っていたのは、学校の親睦会費で買おうというものだ。学校によってはこの繰越金が非常に余っている。これを使って学校に一つ置くのが良いのではないかと思うのだが。

5分でもこれに癒されれば、随分仕事もはかどると思う。

            ◆

修理に出していたランタンを受け取り、研究室に忘れてきてしまった携帯電話を発見し、発掘された財布とご対面し、新しい一週間を始める準備はできたぞ。

今日は神戸に行かなければ成らないし、
さあ、本当に作らないとまずいぞ。