2017/03/14

2017年 「明日の教室」研究会の予定

2017年 「明日の教室」研究会の予定

明日の教室は11年目を迎えます。

                   ◆

4/15 ジャパンフレネ 木幡 寛先生 算数の授業づくりです。

http://kokucheese.com/event/index/455875/

6/24 東北福祉大学 上條晴夫先生 

5/

7/22 立命館大学 荒木寿友先生 

                   ◆

明日の教室関連の、本、DVD、電子書籍は以下にあります。

書籍は、http://www.gyosei.co.jp/home/books/book_detail.html?gc=3100501-01-000/
DVDは、http://sogogakushu.gr.jp/asunokyoshitsu/dvd_1.htm
電子ブックは、http://asukyo.jimdo.com/

からお求めください。

2017/03/04

3/11 明日の教室 黒上晴夫先生

3月の「明日の教室」には、黒上晴夫先生(関西大学教授)に御登壇いただきます。

黒上先生といえば、シンキングツールです。

私たち教師は、簡単に「考えなさい」と子供達に指示を出します。しかし、よく考えてみると考えるとは一体どういうことなのでしょうか。アイディアを出す、関係付ける、振り返る、要約する、位置付ける、意思決定するなどなどの下位概念として捉えることができます。(黒上先生によれば、それは31種類あります)

その「考える」を具体的な作業として行うために有効な道具が、シンキングツールです。黒上先生はこのシンキングツールを20種類提案していらっしゃいます。

今回は、シンキングツールを中心に、子供達に考えることを促す指導方法について講座をお願いしたいと思います。ご期待ください。


お申し込みは、こちらから。

ご経歴です。

平成元年~平成4年 大阪大学人間科学部 技官・助手

平成5年~平成13 金沢大学教育学部 助教授

平成14年~ 関西大学総合情報学部 教授

専門分野

授業設計,メディア教育,情報教育

著書

・『シンキングツール~考えることを教えたい~』2012年,NPO法人 学習創造フォーラム

・『「深い学び」で生かす思考ツール (教育技術MOOK)』 2017年,小学館

訳書

・『教育目標をデザインする~授業設計のための新しい分類体系~』2013年,北大路書房

・『子どもの思考が見える21のルーチン~アクティブな学びをつくる~』2015年,北大路書房

2017/01/26

明日の教室 2/4 箕面高校校長 日野田先生

明日の教室、二月は、大阪府立箕面高校校長の日野田先生にお願いしています。箕面高校の研修会と共催という形で行います。

http://kokucheese.com/event/index/450530/



日野田先生といえば、今年36歳歳で全国最年少の民間校長として大阪府の校長に赴任し、3年間の学校経営で数々の実績を出した先生として注目されている方です。

https://www.houdoukyoku.jp/posts/4456

これからの日本の学校教育は、世界を視野に入れて進路指導をしていく必要があります。また、50代の教員が一気に退職していく中、若手の教員が早い段階から管理職として学校経営の先頭に立っていくことも求められていくことでしょう。

大変お忙しい中ですが、今回、若手の教員、また、教員志望の学生さんたちに向けて、これまでの箕面高校の学校経営、また、今考えられているこれからの学校教育、学校経営についてお話しいただけることになっております。

なお、今回は会場を箕面高校をお借りして実施します。さらに、参加費は学生のみならず、一般も無料です。ご案内が遅れたうえ、40名限定ですが、タイミングの合う方、ぜひお越しください。

いまの公立高校の最先端が、また、未来の日本の学校教育のビジョンに触れることができると思います。

申し込みは、こちらへ。

日野田直彦さんの経歴

大阪府立箕面高等学校校長

1977年生まれ。帰国子女。帰国後、同志社国際中学・高校に入学し、当時の日本の一般的な教育とは一線を画した教育を受ける。同志社大学卒業後、2000年に馬渕教室入社。2008年奈良学園登美ヶ丘中学・高校の立ち上げに携わる。2014年大阪府の公募等校長制度に応じ、大阪府立箕面高等学校の校長に着任。着任時、全国の公立学校で最年少(36歳)の校長。着任3年目に入り、海外トップ大学への進学者を含め、顕著な結果が出始めている。

・ホウドウキョク「教育のキモ」
『39歳・現役最年少校長が、着任3年で海外有名大の合格者を出した「教育」とは? 』
https://www.houdoukyoku.jp/posts/4456

2016/12/19

【明日の教室】京都本校の予定  阿部先生、日野田先生

Img_9413


【明日の教室】京都本校の予定。

1/28 上越教育大学教職大学院准教授 阿部隆幸先生。 2/4 大阪府立箕面高校校長 日野田直彦先生。

しばらくしましたら、正式なご案内をします。
お楽しみに。

2016/11/23

第四回 教育と笑いの会のご案内

Img_7437

第四回 教育と笑いの会のご案内

http://www10.schoolweb.ne.jp/swas/index.php…… 

番組に加えていただきした。

「一席」ご機嫌を伺います。
良かったらお越しください。12/10です。

2016/11/16

明日の教室 12月17日  糸井、池田 社会科授業づくりと刻字

438965_photo3

2016年最後の明日の教室の12月は、糸井先生と池田でやります。 12/17です。

糸井先生からは、これまでの30年間の社会科の授業づくりについて、どうやって学んで来たのかを語っていただきます。

「30年かけて、私がつくってきた授業を振り返り、そのノウハウを伝えます。
有田和正実践に憧れ、追試とオリジナル実践を繰り返した30代
総合的な学習をゲストティーチャーと創り出した40代
そして、場を私立小学校に移し、社会科授業に専念する50代の毎日。
今までの実践を振り返り、考えてきたことをお話します。」

池田は、この間池田がハマっている刻字について体験していただこうと思っています。
池田は今年ずっと亀に文字を刻しています。甲骨文字の再現です。
そして、それと同時にガラスに文字を刻しています。

文字を書くではなく、文字を刻す。
この体験は、文字に関する認識を新たなものにしてくれると思います。
その認識は、学校での文字指導に良い影響をあたえてくれるものと思っています。

当日は、ガラスのコップに甲骨文字を刻してもらいます。
また、お好みであれば、一升瓶に般若心経を刻してもらうというのも考えています。

なお、刻すための道具とコップは、こちらで用意します。
もし、一升瓶に挑戦したい方は、ご持参ください。
一升瓶は、酒屋さんにお願いすれば多くは無料で譲ってもらえると思います。

そして、その後は一年を振り返ってゆっくりと忘年会をしましょう。


2016/10/19

11/5 明日の教室 赤坂真二先生

Imgres
受付開始です!

http://kokucheese.com/event/index/433892/

2016/09/11

9/24 明日の教室 琵琶湖雄琴オーパル、カヌー&ジャグジー

Biwako


今回の「明日の教室」は、毎年好評の琵琶湖のオーパルを会場にして、カヤック(カヌー)体験教室です。 研修の修養の方をじっくりとどうぞ。

午前中に1時間レッスン。そして、午後に2~3時間の琵琶湖ツーリングを行う予定です。
琵琶湖の広い空を独り占めにすることができます。ものすごい開放感です。教室の子どもたちに自慢が出来ます(^^)v。

さらに、費用は弁当と飲み物込みで2000円です。
終わってからジャグジーで体をマッサージも出来ます。

是非お待ちしております。

10:30 オーパル集合 開会挨拶 諸注意 着替え
11:00 カヌー体験
12:00 昼休憩
13:00 カヌーツーリング
15:30 カヌー終了 着替え
16:00 オーパルの学校活用事例紹介
16:20 閉会挨拶 解散

持ち物
・濡れても良い服(Tシャツ+短パンなど)
・濡れても良い靴(ビーチサンダルなど)
・日焼け対策(帽子・日焼け止めクリームなど)
・メガネの方はメガネバンド
・乗り物酔いする人は酔い止め薬

お申し込みは、こちら

2016年 「明日の教室」研究会の予定

2016年 「明日の教室」研究会の予定
教育研究会「明日の教室」関連のご案内をブログのトップに置くことにします。

                   ◆

3/11 黒上晴夫先生 シンキングツールです。

http://kokucheese.com/event/index/455870/

4/15 木幡 寛先生 算数の授業づくりです。

http://kokucheese.com/event/index/455875/

                   ◆

明日の教室関連の、本、DVD、電子書籍は以下にあります。

書籍は、http://www.gyosei.co.jp/home/books/book_detail.html?gc=3100501-01-000/

DVDは、http://sogogakushu.gr.jp/asunokyoshitsu/dvd_1.htm
電子ブックは、http://asukyo.jimdo.com/

からお求めください。

2016/06/11

6月の「明日の教室」は三宅貴久子先生に御登壇いただきます

6月の「明日の教室」は三宅貴久子先生に御登壇いただきます



糸井先生の案内文です。


三宅貴久子先生を御存じでしょうか?
三宅先生は、関西大学初等部で勤務されていましたが、この3月で定年退職されました。

私が三宅先生を知ったのは、ちょうど「総合的な学習」が学校に導入され始めた頃ですから、もう16年ほど前になります。
三宅先生は、岡山県の先生だったのですが、2006年にNHKの「わくわく授業」でも二度にわたって、その実践が取り上げられ、多くの教師がその名を知ることになったと思います。
*2003年 わくわく授業『歴史の見方を深めよう~三宅貴久子先生の社会~』
2006年 わくわく授業『自分を見つめる 未来予想図~三宅貴久子先生の総合的な学習~』

ただ、私が三宅先生に着目していたのは、この「わくわく授業」より数年前に放映されていた「おこめ」というNHK教育テレビでの教育実践でした。とにかく子どもたちがどんどん動いていくのです。そして、その学びを「米米ワールド」(高陵社書店)として出版されました。この本は、何と、岡山県岡山市立平福小学校6年B組と東京都江東区立南砂小学校6年1組の児童、あわせて60人が、「総合的な学習の時間」を使って作った書籍。子どもらしい発想で、大人顔負けの綿密な調査を行い、自分たちで執筆し、編集しましたというのです。

それ以後も、三宅先生の実践には、ずっと着目してきました。関西大学初等部の開校に合わせて同校に移られてからは研究の柱とも言えるミューズ学習を進めてこられました。
無理を言って、三宅先生の授業を参観させていただくことができました。卒業前の3月という慌ただしい時期にも関わらず、ミューズ学習と歴史の授業を見せていただくことができました。

一言で言うならば、完敗でした。私が定年までの残された日々で、目指すべき授業の姿がそこにはありました。やはり、まちがいなく日本を代表する素晴らしい実践家でした。

そして、最後の年に、やはり子どもたちが執筆した「ナマステ! 会いたい友だちと――友情は国境を越える」(さくら社)を出版された。凄いの一言に尽きます。

その三宅先生が退職され、若い先生方がその実践に触れることができない。これは駄目だと思いました。そこで、すぐさま三宅先生に「明日の教室」に「伝説の教師」として登壇いただきたいとお願いした次第です。

今回は、3時間半全てを鼎談という形で進めていきたいと考えています。
三宅先生の「20代」「30代」「40代」「50代」に何があって、何を考え、どのようにして三宅貴久子という類まれな教師が形づくられたのかを浮き上がらせていきたいと思っています。私と池田先生で、三宅先生御自身も気づかれていない三宅貴久子の凄さを炙り出していければと思います。

お申し込みは、こちら。

より以前の記事一覧